胃がんの初期症状発見の難しさ

胃がんの症状は自覚症状が無いため、早期に発見するのが難しいものです。<br />胃がん予防には胃に負担をかけないこと。

胃がんの初期症状発見の難しさ

胃がんの症状は自覚症状が無い!

胃がんの怖いところは早期だと自覚症状がほとんどないところです。
ある程度病状が進行すると、胸やけ、みぞおちに痛み、吐き気、体重減少などが見られますが、軽視してしまう人が多いです。
定期的に健診をしたり、軽い症状でも病院へ行くようにしましょう。胃がんの原因として考えられるのは、食生活や喫煙、遺伝が挙げられます。家族に胃がんにかかった人がいる場合、発症率は高くなりますので、タバコなどは控えたいところです。
タバコは発がん物質が多く含まれています。喫煙することにより、遺伝子を傷つける原因となります。タバコは胃がんだけでなく、他の種類のがんや病気を引き起こすので喫煙しないのが良いです。
本人は吸っていなくても、他の人が吸っている煙を吸うのも良くはありませんので、出来る限り控えてもらうか、側に寄らないようにするなどしましょう。

食生活の改善に必要なことは、胃に負担を減らすことを考える必要があります。食べ過ぎや飲みすぎはいけませんし、良く噛まずに飲み込むこともいけません。ゆっくり噛んで、胃に負担を与えないようにしましょう。甘いものや油ものや塩分の摂取は出来るだけ控えることも重要です。
肉類も食物繊維が含まれていませんので、あまり食べないように心がけたいところです。
胃がんだけに限らず、病気を予防するには野菜を多く摂取することです。
350gを摂ると良いのですが、毎日のように摂取するのは難しいものです。
野菜ジュースにしたりして工夫して乗り越えるようにしましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017胃がんの初期症状発見の難しさ.All rights reserved.