胃がんの初期症状発見の難しさ

胃がんの早期発見をするには、軽い症状でも違和感を感じるようなら病院で診察してもらいましょう。

胃がんの初期症状発見の難しさ

軽い症状でも胃がんを疑い、早期発見へ繋げよう

香辛料や強い酒、炭酸飲料などは胃を刺激します。塩分の摂りすぎもも胃がんの発症率を高める原因になります。胃がんは自覚症状が無いので早期に発見するのが難しいと言われていますが、みぞおちの痛みや貧血、胸やけ、吐き気などの症状が出たら病院で診察してもらうようにしましょう。少しでも早く見つけるためには、軽い症状でも診察することが早期発見の確率が高くなります。美味しいものや外食にはしっかりした味が付いているものです。
普段の食事から塩分を出来るだけ減らすように心掛けなければ、自然と多くの塩分を摂取してしまいます。減塩醤油を使用したり、酢やレモン汁などを利用してうまく減塩したいところです。
胃がんを予防するには、野菜を多く摂取することです。
野菜を多く食べるのは難しいですが、和食だと野菜を使った項目が多いので便利です。
煮物は出来るだけ薄味になれることが大事です。
焼魚をする時も塩分を控えることを考え、干物は避けましょう。みそ汁なども野菜を多く入れて汁を少な目にしましょう。

胃に負担を掛けないことも大切です。
寝る前に物を食べると、胃の中の食べ物が消化するまでの時間がかかりますし、胃が休まる時間が無くなってしまいます。ネル3時間前の食事は避けましょう。適度な運動をすることは、他の病気の予防にもなりますので、軽い運動を毎日続けるように心がけましょう。睡眠不足やストレスを溜めないことや喫煙も体に良くはありません。健康的な生活を送り、笑顔で過ごすことが病気を予防する上で一番必要なことです。

関連リンク

Copyright (C)2017胃がんの初期症状発見の難しさ.All rights reserved.