胃がんの初期症状発見の難しさ

胃がんは30代や40代の若い人でもよくなる病気ですが、その初期症状としては胸のむかつきなどがあるそうです

胃がんの初期症状発見の難しさ

若い人でもなりやすい胃がんの初期症状とは

がんと言えば不治の病であった時代は終わり、今では早期発見して早めに手術をしてがん細胞を取り除くことができたら長く生きることができるようになりました。
しかし死亡原因の第一位ががんを含む悪性新生物であるという事実は変わらず、死に至る恐ろしい病気であることもまた事実です。
そんながんの中でも、胃がんにかかったという同年代の人の話を聞くことが多くなってきました。最近人気タレントが胃がんであるとのニュースもありましたが、同じくらいの年齢の知人女性も少し前に人間ドックを受けて胃がんであると発覚したそうです。

彼女は医療関係の仕事をしているのですが、最近たまに胃がもたれるような症状があり、40歳になったこともあってちょっと詳しく検査をしておこうと人間ドックを受けたそうなのですが、その時に胃がんであると分かったそうです。
幸いにも初期だったので手術で胃を摘出すれば命に別条はない、ということのようですが、本来ならバリウムを飲むはずだった胃がん検査を、胸やけのような症状やたまにみぞおちが痛む感覚があったため胃カメラにしてもらったそうで、だからこそ初期の胃がんであると判明したそうです。
彼女はまだ小さい息子さんがいて、絶対にまだ死ねない、という気持ちが強く、今回もまさか自分ががんになんてなるなんて、と初めは嘆いていたそうですが今では初期に判明したが幸運だったと考えているようです。
こんな若い人でも胃がんになるのだから少しでも症状がある場合は早めに病院を受診すべきです。

関連リンク

Copyright (C)2017胃がんの初期症状発見の難しさ.All rights reserved.