胃がんの初期症状発見の難しさ

胃がんは初期症状はあまり自覚症状がないということです。<br /><br />でも、胃がんは早期発見であれば必ず治るがんです。<br />

胃がんの初期症状発見の難しさ

胃がんの初期症状はない

胃がんは、50代から60代男性に多いがんとされています。日本では、肺がんに続いて、2番目に多いがんとされています。ただ、最近は、胃がんは、減少傾向にあるようですが。胃がんの初期症状は、あまりないというか全くないのが現状です。
なので、見つかった時には、もう手遅れということも少なくはありません。ただ、胃がんの主な自覚症状としては、胃のむかつき、食欲減退、げっぷが出ることだそうですが、これらは、日常生活を送っていてもよくあることなので、ついついといううちに胃がんは進行していきます。初期の自覚初早期の発見には、胃カメラがかなり有効とされています。なので、いかに初期の段階で依願を見つけるかは、やはり検診に行くことなのです。

胃がんに関しては、転移のしにくいがんとされていることと、初期であれば、必ず完治します。そして、この胃がんは初期であれば進行が遅いので初期で発見するということが命を守るには大切なポイントです。
ただ、症状が進んでくると、それだけ病巣部分が広がってくるので、手術で取り残しがあれば、また増殖して、がんの再発ということになってしまいます。そしてこの胃がんというのは、日本人に多いといわれています。もっとも大きな原因の一つは、『食生活』とも言われています。塩分の過剰摂取や動物性食品の摂取によるものといわれてもいます。そしてさらにビタミン接種の不足が悪循環を招いています。あとは、喫煙ですね。食生活を充実させ、禁煙することが胃がんを予防する手立てになるかもしれません。

関連リンク

Copyright (C)2017胃がんの初期症状発見の難しさ.All rights reserved.